開催中の展覧会

「doumei.png」写真
 

「モノクロ同盟」Photo Exhibition 2017

> 2017年4月25日(火)~5月7日(日)
作家名:杉本征克・田中正隆・谷井博美

このデジタル華やかな時代に、まだフイルムにこだわりの男三人。
世の中からフイルムが消えるかも知れないとき、
いまだに銀塩の味を忘れないで、文字通りか細く、
しかもモノクロームにこだわって、営々と作品を作っている男三人。
たった一つのこだわりは風前の灯となりつつあるが、
それでも、年一度のグループ展は10回目の「写真」。
インクでなく、銀を定着させることで成り立つ写真に、
頑なにこだわる三人、銀塩の味を忘れられないでいることは確かである。

次開催の展覧会

「sakura.png」写真
 

壹燈舎企画公募展「さくらさく 2017」

> 2017年5月9日(火)~5月14日(日)
作家名:谷口和義・津村秋男・中井智子・中﨑ゆかり・中野利彦・西畑太司良・まついひろまさ・杢三恭子・兵頭英雄・山本秀己・吉村久美子

春の定番「さくら」の写真展です。今年で8回目を迎えます。 いつの年もそうですが、「春」は待ち遠しいものです、 暖かい春の風が吹けば、何か良いことが起こりそうな、そんな気分になります。 そして、その春の花「さくら」を見ると一気に気分も高揚します。 自然と頬も緩んでくるように思います。 今年も、暖かい春の風にのって、たくさんの春を捉えてみようとの企画です。 作家の方々が捉えた様々な「さくら」が、壹燈舎の壁に彩られことと思います。 またこの季節、様々な旅立ちがあります。 その笑顔をばっちり捉えるのも豊かな桜の一種なのかも知れません。 いずれにせよ、いつも通り、作者が思い描くさくら物語を御覧ください。

今後の展覧会

「oyaa.png」写真
 

>おやじの会写真展「記憶の中からXV」A組」

>2017年5月9日(火)~5月14日(日)
作家名:土橋政昭・寺田いづみ・中野利彦・野中ひとみ・峯村知紗・米戸忠史・和田久美子

「おやじの会」も結成16年となります。グループの写真展は15回目。
自分が撮った写真を見返していると、撮影したことを全く覚えていない1枚が紛れてい たりします。
写真の神様が私の目を通して景色を捉えようとしたのかもしれない、過去の自分に何を感じたのか聞いてみたくなる瞬間です。
こんな写真の神様を、何気なく感じるようになったのも「おやじの会」の存在があるからかもしれません。
「おやじの渋いモノクロ写真を若い衆に見てもらおう!」を合言葉に活動開始。
そして現在はなぜか半数が女性メンバー、展示はおやじ達の好むモノクロに限らずカラー もあります。
今回も新メンバーが加わりました。更なる変化をご期待下さい!

  • つづきを見る

  •