開催中の展覧会

「tamaki.png」写真

>佐々木寛/中野利彦 写真展「環」

>2018年11月20日(火)~11月25日(日)
  作家名:>佐々木寛/中野利彦
   

タイトルの「環(たまき)」は、
現在に存在する2人の全く異なる感情が、
過去から未来へと循環し、宇宙のように果てしなく、
やがて「希望と煌めきを紡ぐ環を形成する」という意味で付けました。
Photo Gallery 壹燈舎で出会った2人の写真作家による全く違う写真感が
花火のように交差し、
やがて一つの環になっていく、そんな写真展を是非ご高覧ください。

今後の展覧会

「kitahama.png」写真

>北浜白黒写真倶楽部写真展「Hommage ーオマージュー」

>2018年11月27日(火)~12月2日(日)
  作家名:>北浜白黒写真俱楽部:井上美央・岡本健一・川崎栄子・河瀬文昭・ゴトーマサミ・シューへーシマダ・田中祥介  田村徹・三品浩信・本江裕次郎・南智子・森田直・山口典子・芳田郁子・吉田真砂
   

私たちはいま写真を撮っています。今までも、そしてこれからも。
その写真を撮るという行為そのものや、始めるきっかけ、使用するカメラ本体やレンズ
被写体の選択、また写真で伝えたいことなど、そこにはそれぞれの意図があります。
しかしその選択には意識的か無意識かは別として必ずと言っていいほど、影響を受けた(受けている)
アーティストの存在があるはずです。
それは写真家であり画家や音楽家、小説家や建築家などなど。
大好きな、尊敬する、はたまたライバルである、
そんな私たちにとって特別なアーティストに感謝の意を込めて一枚の写真を捧げます。
モノクロゼラチンシルバープリント(11×14インチ) 額装各自1点

今後の展覧会

「yonin.png」写真

>北浜白黒写真倶モノクロ四人展「それぞれの視線」

>2018年12月4日(火)~12月9日(日)
  作家名:土橋政昭・中野利彦・兵頭英雄・米戸忠史
   

写真と言えばカラーが当たり前の今日ですが、私達はモノクローム写真が大好きな4人です。 さて、モノクロームと聞けばどの様なイメージをお持ちでしょうか。 ちょっと古い、昔っぽい、あるいは難しそう、案外かっこいい等々、感じる方も多いのではないでしょうか。 私達はモノクロームこそが写真の原点であり、これほど奥深い表現は無いと思っています。 モノクロームだからと言ってフィルムと印画紙でなければならないということはありません。 現在のデジタルカメラで素晴らしいモノクローム作品を発表されている方も多くおられます。 今回の写真展をご覧いただき、モノクロームに少しでも興味を持っていただければ幸いです。

  • つづきを見る

  •