2016年の企画公募展

募集中の企画公募展

もし、「写真展はしたいけど?」「個展なんかとんでもない」「グループ展にしたって誰もいないし」と思っておられるのでしたら、いつもでも御相談下さい。

壹燈舎企画公募展出展要綱
各企画共通:募集人数12名
出展スペースは幅85cmx高さ150cm
出展料6,480円(税込、DM40枚込、打上げ交流会込)


企画公募展今後の予定

東日本大震災復興支援公募写真展「光の中から」
展示期間:2017年3月9日(木)~3月16日(木) 3月13日(月)は休廊
〆切は設けません。写真展開催中でいつでもお持ちください。
写真作品を鑑賞し購入していただくために期間を長くとりました。
震災から毎年開催し参加者と賛同者の善意を送り届けている写真展です。
東北は、まだ、まだ、物質的にも、精神的にも完全な復興ができていない現状です。
遠く離れていますが、今回も私たちのできることで支援をしていきたいと思います。

具体的には、写真作品の展示と販売。また、写真グッズの販売をおこない、出展料、出品料及び販売利益を支援金にあてます。

写真作品展示料:3,000円 写真グッズ出品料:1,000円
どちらも販売されました折には、販売価格の30%の支援金をいただきます。
展示料、出品料は必要経費をのぞき支援金とします。
作品の展示スペースにつきましては、参加者数により変動いたします。
今年も多くの方々のご参加を、よろしくおねがいいたします。

壹燈舎企画公募展「窓の風景」
展示期間:2017年3月28日(火)~4月2日(日) 当初日程が変更となりました。
〆切:2017年2月28日(日)定員12名。
「窓」というのはときには郷愁をさそい、
外を見ることによってときには希望の光をみることもあるようです。
店先のショーウインドを覗いて、楽しい気分にもなったりします。
そして窓は心の窓などと言われるように、いろいろな世界を広げることに使われます。
そんな窓を捉えての写真展を開きます。
作品の中に窓が写っていなければいけないという縛りはありません。
作家ご自身が考えられる「窓」を作品にしていただければ、10人十色の窓が出てうれしい限りです。
気張らず頑張らず、たのしい気分で、またおしゃれな気分で窓と仲良くなっていただき企画です。

壹燈舎企画公募展「さくらさく」
展示期間:2017年5月9日(火)~5月14日(日)
〆切:2017年4月9日(日)定員12名。
毎春は櫻から・・・・。
花見もいいのですが、その華麗な姿をご自分にかえて、気分もゆたかに春を満喫したいと思います。
今年の冬は寒さ厳しいようですが、そんな時ほど櫻は見せてくれること思います。
そして、春は入学式や、入社式など新しい生活もはじまります。
なんとなく浮かれた気分になる春を、じっくりおさえてください。
沢山の方々の春とさくらをお待ちしております。
さて、あなたはどんな櫻を見せてくれますか?

企画公募展へのお問い合わせはこちらから。